ブログトップ

井手晴海の『ときめきギャラリー』

「シーリーンの花」


b0000424_58366.jpg





タイトル「シーリーンの花」とは、チューリップの事です。

これは、ペルシャの伝説からとったものです。


昔、ファルハドという青年は村長の娘シーリーンと恋をした。

村の井戸が枯れたのでファルハドは井戸を掘り始めた。

あまりに我を忘れて井戸を掘ったので、水は沸いたのだけども、気が付くとシーリーンは死んでいた。

悲しんだファルハドは崖から飛び降り死んでしまう。

そのとき流れた血がチューリップになった。



そこまで無我夢中になって、井戸を掘らんでもよかったんでしょうが・・。

きっと、超がつくくらい真面目な青年だったのでしょうね。
[PR]
by ide21 | 2017-04-27 05:09 | 美人画 | Comments(0)